外断熱コンクリートってどんなもの?

外断熱コンクリート住宅は海外でも人気?

外断熱コンクリート住宅は海外でも人気が高い住宅ですが、実は海外の方が日本よりも外断熱コンクリート住宅が浸透率が高いです。

日本でも最近、外断熱コンクリート住宅の存在を知る人は増えていて、興味を持つ人も増加していますが、実際に外断熱コンクリート住宅にリフォームしようとする人や、外断熱コンクリート住宅の新築を建てようとする人は、海外よりも少ないです。

内断熱より圧倒的に優れる外断熱

海外では圧倒的な人気を誇る外断熱コンクリート住宅ですが、内断熱よりもメリットが多く、快適に住める事が理由のようです。

家を建てても、隙間から入り込む外気を完璧に防ぐことはできませんよね。外気が入ってくると冬なら寒く、夏は暑くてたまりません。それを改善するために必要なのが、内断熱と外断熱なのです。

内断熱の場合

一般的に、日本で広く利用されているのはやはり内断熱の方です。内断熱が選ばれる理由のはやはりコストが外断熱よりも安く済むからです。

しかし柱と柱の間に断熱を入れる方法で、外壁側は外気の影響で冷たく室内は温かいという温度差ができてしまいます。結露も発生しやすく、柱は傷みやすく、結局柱から外気は入ってくるので断熱効果は意外と低いです。

外断熱の場合

外断熱は柱の外側、外壁との間に断熱材を入れていくので温度差ができにくく、結露もできにくいです。柱も外気から切り離されるので、断熱効果がアップします。

終わりに

内断熱の家と外断熱の家、両方に住む機会はあまりありませんよね。比較が難しいですが、外断熱は明らかに住み心地がいいです。

もっとコストが安くなれば、日本でも海外のように外断熱を選ぶ人が多くなってくるでしょう。

-外断熱コンクリートってどんなもの?